ケトジェニック

ケトジェニックダイエットは
炭水化物を極力減らして
脂質とタンパク質から
エネルギーを補給するダイエット方法です!

かなりクセのあるダイエット方法ですが
習得すればメリットの多いダイエットです!

特に、太りすぎな方には効果が高い
ダイエット方法になります。

ベーコンエッグ

メリットは?

ケトジェニックダイエットのメリットは
やり方さえ覚えてしまえば簡単ということです。

ポイントは炭水化物(糖質)を極力少なくするだけです。
タンパク質と脂質は制限する必要がないので、
肉、魚、卵はどんな種類でも食べる事ができます。

また、ローファットダイエットで説明していますが、
肝臓のグリコーゲンを下げないと
脂肪は燃焼しないのですが
ケトジェニックダイエットは自然と
肝臓のグリコーゲンの値は下がるので
痩せやすくなります。

そのような面でもダイエットをやったことがない
初心者でも効果を実感することができる
ダイエット方法になります!

デメリットは?

ケトジェニックダイエットのデメリットは
実はこれと言ってありません。

しいて言えば、
炭水化物(米、パン、麺類)や甘い物が食べれない。
ということぐらいでしょうか。

あとは、
脂質をしっかり摂らなければならないため
初めのうちは胃がもたれる可能性があることぐらいです。

ケトジェニックダイエットは
デメリットは少なくメリットは多いので
オススメのダイエット方法になります!

→LINE友だち追加でお得なクーポンGet!

長野市 パーソナルトレーニング

ケトジェニックの原理

ケトジェニックダイエットは
炭水化物(糖質)を極力少なくします。

一般的には炭水化物は摂らなければいけないもの
と認識している人も多いと思います。

脳はブドウ糖がないと動かないという事から
そう思っている人もいます。

ブドウ糖は炭水化物(糖質)が体内で分解されて生成されるので
そう考えてしまうのも仕方がないでしょう。

しかし、
脳を動かすことができるのはブドウ糖だけではありません。
ケトン体というものも脳を動かすことができるのです!

ケトン体とは?

ケトン体とは油(脂質)を体内で分解して
肝臓で生成される物質となります。

このケトン体という物質が
ブドウ糖の代わりに脳や体を動かしてくれるのです。

さて皆さん農耕はいつから始まったかご存じでしょうか?

地球に人類が誕生したのが約700万年前で
農耕の起源は約1万年前です。

しかし、
農耕が現代のように安定したのは
ここ数百年の事でしょう。

そうです、
農耕が発達したのはここ最近のことで、
数百万年の間は狩猟を主としており
炭水化物ではなく
タンパク質や脂質を中心とした食生活を
行っていたということです。

ということは、
元々人間はケトン体を
メインのエネルギーとして使用していたということです。

なので、
ケトジェニックダイエットという食事方法は
大昔から人間が行っていた食事方法なので
とても安全ということです!

ケトジェニックができない人

しかし、
ケトジェニックダイエットができない人もいます。

ケトン体は肝臓で生成されると言いましたが
肝臓の機能に元々、疾患がある人は
ケトン体を生成できない可能性があるので
ケトジェニックダイエットはできません。

肝臓に疾患のある方は、
医師に相談して頂ければ幸いです。

ですが、
元々、肝臓に疾患のある人はあまりいないと思います。
脂肪肝やお酒の飲みすぎなどで
肝臓の機能が低下しているぐらいでしたら
問題なくケトン体を生成することができますので
安心して頂ければと思います。

→無料見学はこちら

長野市 パーソナルトレーニングジム

ケトジェニックのポイント

ケトジェニックダイエットには
おさえておかなければいけないポイントがいくつかあります。

そのポイントをしっかり行わないと
思ったように体重が落ちない場合が発生してしまうので
注意して下さい。

脂質はしっかり摂る

ケトジェニックダイエットは
油(脂質)を元にケトン体を作り出して
体を動かすシステムです。

ダイエットというと
脂質を摂ってはいけないという先入観におかされて
脂質も少なくしてしまう場合があります。

しかし、これはNGです!

脂質をしっかりと摂らないと
ケトン体を生成できなくなってしまうので
体を動かす機能が低下して
フラフラしてしまいます!

油(脂質)をしっかりと摂る事を意識して下さい。
特に良質な脂質を積極的に摂ると
ケトジェニックが上手くいくはずです。

良質な脂質は
青魚の脂質でサバ(鯖)などに多く含まれています。

また、
アボカドは森のバターと呼ばれているように
良質な脂質が多く含まれています。

他にも、
アーモンドやマカダミアナッツなどの
ナッツも良質な脂質です。

ケトジェニックダイエットでは
良質な脂質をしっかり摂るということを
心がけて下さい!

MCTオイルについて

ケトジェニックダイエットでは
ココナッツオイルなどのMCTオイルを摂ると
ケトーシスという状態に素早く入ることができます。

MCTオイルはエネルギーに変換されるまでの
工程がとても早く摂取してから10分程度で
エネルギーに変換されるという特徴があります。

そのため、
ケトジェニックダイエットを推奨している人は
MCTオイルをオススメする人が多いのですが
私はMCTオイルは必須ではないと考えています。

私自身もMCTオイルを使用していたのですが、
メリットよりもデメリットの方が多いと感じてしまうのです。

MCTオイルはそのエネルギー効率の良さゆえに
お腹を下す確率が非常に高くなります。

ケトジェニックダイエットを上手くやろうとして
MCTオイルをたくさん摂取していると
すぐにお腹を下して軟便気味になってしまいます。

これは体質にもよるのですが、
私はお腹を下すのがストレスになってしまい
MCTオイルはほとんど摂取していません。

MCTオイルを摂取するのとしないので
ケトーシスに入る期間がどの程度違うかといえば
それほど差異はないと私は考えているので
MCTオイルを無理に摂取する必要はないと思います。

食物繊維をしっかり食べよう

炭水化物=食物繊維+糖質です。

ケトジェニックダイエットでは
炭水化物を極力少なくすると言いましたが
正確に言えば糖質を少なくするです。

そのため、
炭水化物は控えるが砂糖の入ったコーヒーやジュースなどは
飲んでも良いと勘違いする人がたまにいますが、
ケトジェニックでは砂糖ももちろんNGです。

しかし、
炭水化物を摂らないと1つ問題がでてしまいます。
それは食物繊維が不足することです。

食物繊維が不足すると何がいけないのかというと
軟便になってしまうんです。

これが結構ストレスなので、
食物繊維はしっかり摂る事をオススメします!

ただし、
食物繊維を摂ろうとして野菜を摂る人が多いと思いますが
野菜は糖質が多い物も多く注意が必要です。

特に、トマトやニンジンなどの根菜類は
糖質が高いため控えて下さい。

ジャガイモやサツマイモ、カボチャなども
どちらかと言えば炭水化物に近いためNGです。

ケトジェニック中の食物繊維の確保として有効なのが
キャベツやレタスなどの糖質が少ない野菜です。

毎食、キャベツやレタスなどを少しでも良いので
食べていると軟便を防ぐことができますのでオススメです!

ケトーシスとは?

それでは最後に一番大切なポイントです。

ケトジェニックダイエットではケトン体と物質が
生成されると言いましたが、
ケトン体が生成されるまでには期間が必要です。

ケトン体が生成されて体が動く仕組みを
ケトーシスというのですが
そのケトーシスに入るまでには時間がかかります。

これは体質にもよりますが、
7日~15日ぐらいかかってしまう場合があります。

私はだいたい10日前後です。

この期間は肝臓のグリコーゲンを
抜いている期間でもあるので
ケトーシスに切り替わる直後は
少しダルくなったり
力が出ない場合があります。

しかし、そのエネルギー不足はだいたい1日前後で
その峠を乗り越えてしまえば
体はケトーシスに入りますので
ダルさや力が出ないということはなくなります。

もし、ダルさや力がでないと感じたら
脂質をたくさん摂って下さい。

脂身の多いステーキやサバ(鯖)などを
食べると脂質が補給され
ケトン体の生成を促進してスムーズに
ケトーシスに入ることができるでしょう。

ステーキ

ということで、
ケトーシスに入るには少し時間が掛かるという事を
おぼえておいて下さい!

食事内容はこちら

では、本番の
ケトジェニックダイエットの食事内容を
説明したいと思います。

基本は炭水化物(糖質)を極力少なくするということです。
米、パン、麺類などはNGです。
ジャガイモ、サツマイモなどもNGです。

それ以外のタンパク質、脂質の制限はありません。
肉、魚、卵でしたら、どんな種類でも食べる事ができます。

脂身の多いサーロインやマグロの大トロなどもOKです!

また、
良質な脂質も積極的に摂取して下さい。
アボカドやアーモンドなどがオススメです。

素焼きアーモンドやアーモンド小魚などを
間食として摂られるのも良いと思います!

ケトジェニックダイエットの具体的な食事内容は
下記のブログを参照して下さい!

→入会はこちら

長野市 パーソナルトレーナー